富山県民主医療連合会(富山民医連)は、無差別・平等の医療と福祉の実現をめざす組織です。

  • fullslide1
    奨学金制度の紹介
    TOP > 奨学金制度の紹介

富山医療生活協同組合と株式会社ふれあい薬局の奨学金制度についてご紹介します。









 奨学金制度の概要

富山医療生活協同組合(以下、富山医療生協)は、いつでも、どこでも、誰もが安心して受けられるよい医療、「無差別・平等の医療」を目指しています。将来、私たちと一緒に富山医療生協の医療 活動へ参加していただける医系学生を対象に、学びや交流などの学生生活を応援し、経済的支援 をする奨学金制度を設けています。

・㈱ふれあい薬局は、「健康と安心をサポート」する保険薬局として、患者さんの立場にたった薬局を目指しています。将来同じ職場で働く薬剤師のために奨学金制度を設けています。

※「富山医療生協」と「㈱ふれあい薬局」は富山民医連に加盟しており、富山民医連の奨学生としても位置付けて連携しながら援助をします。



 奨学金の貸与金額


富山医療生協

学部・学科 学年 / 貸与金額(月額)
医学生

1~4年 / 7万円(月額)
5~6年 / 10万円(月額)

薬学生

1~4年 / 5万円(月額)
5~6年 / 7万円(月額)

看護学生 全学年 / 5万円(月額)


㈱ふれあい薬局

薬学生のみ対象に、上記の学年に対応した金額が貸与されます。


社会福祉法人 とやま虹の会

詳細は「とやま虹の会」のホームページをご覧ください。





 返済の免除制度


富山医療生協

卒業後、富山医療生協の事業所で奨学金を貸し付けた期間(年数)勤務された場合、奨学金の返済を免除します。医師の場合、卒後臨床研修期間(2年間)はこの期間に含まれません。

㈱ふれあい薬局

同上(詳細はふれあい薬局のホームページをご覧ください)





 奨学生になったら


富山医療生協

医学・医療の勉強に励み、民医連の病院・診療所をフィールドに、第一線の地域医療を体験しながら学びます。また、広く社会的視野を持った医療従事者として成長していけるよう、幅広い学習会や奨学生同士の集まりに参加します。

医療や福祉等の学習会に参加できます。
医療生協や民医連主催の様々な学習会に参加できます。

医系学生と交流できます。
北陸3県の医系学生が集まって、講演会や分科会、交流会を主催する「メディスク」、全国の医学生が集まる「医学生のつどい」など学習だけではなく多くの学生と交流をする機会があります。

医療や福祉等の学習会に参加できます。
医療生協や民医連主催の様々な学習会に参加できます。

奨学生会議に参加して、現場の医師や他職種と交流・学習できます。
在学中には民医連の奨学生が集まり、奨学生会議を開催しています。現場の職員を講師に招いたり、フィールドワークに出たり、他職種や地域医療などの実習も体験できます。



㈱ふれあい薬局

東海北陸地域の民医連所属薬局が実施する薬学生ゼミナールへ参加できます。

また、ふれあい薬局の直近の活動状況を知ってもらうために随時薬局便りを配信しています。




 奨学生になるには・・・?


富山医療生協

申請を希望される方は、富山民医連の医学生担当:後藤、又は富山医療生協の総務部長:茨城までご連絡下さい。
面接の上、申請の方法や奨学金制度の詳細などを説明させていただきます(年度途中での申請も可能です)。

富山県民主医療機関連合会 医学生担当 後藤 TEL:076-444-5651

富山医療生活協同組合   総務部長  茨木 TEL:076-432-4276 

メールでのお問い合わせはこちら



㈱ふれあい薬局

申請を希望される方は、㈱ふれあい薬局本社 吉田(専務)まで直接ご連絡下さい。

㈱ふれあい薬局  採用担当 吉田 TEL:076-443-9011

メールでのお問い合わせはこちら